ハンコの種類

法人用の印章

○実印(代表者印)

会社を設立して登記する際に登記所に印鑑登録したものを代表者印(会社の実印)といいます。
通常は外周に会社名、内部に「代表取締役印」「代表之印」と彫刻します。

○銀行印

会社が銀行と当座取引などを行う際に「使用印鑑届」によって届け出た印です。
当座取引で手形や小切手を振り出すときなど銀行取引のつど使用するため、通常代表者印(会社の実印)とは別の印章を使います。

○社印

正方形のもので「株式会社○○○○之印」などと社名が入ったものです。
「角印」とも言われ、会社の認印の役割をします。


個人用の印章

○実印(印鑑証明用)

ハンコの中でも公的に認められる印章です。登録出来るハンコは各市町村によって規定は異なりますが、全国どこでも登録出来るハンコは手彫りのハンコです。

○銀行印

銀行その他の金融機関での預貯金口座開設、預貯金の引出しに使用するハンコです。銀行印は既製品でも使用可能ではありますが、大量生産品は全く同じ印影のハンコが存在する可能性が高いため、手彫りで作られるのがおすすめです。

○認印

一般的に使用するハンコが認印です。サイン代わりですが、書類の内容によっては実印と同じ効力の場合もあります。

今すぐ専門家を探す

おすすめの判子屋をPICK UP!!

おすすめの判子屋を「判子・実印作るなら「実印つくーる」」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

オフィス環境ととのえーる Q&A QRコード